『麗老(れいろう)』

Category : 日々の話し
主人と二人で暮らしていて
最近、ちょっとしたときに
お互いにお互いの言葉が聞き取れないことが
多くなってきました(^_^;)

お互いに滑舌が悪くなってきて、
お互いに可聴域が狭まってきているからだと思いつつ。

言った、言わない。を
真剣に攻め合っている二人です(笑)

そして二人とも最近は
何かと言えば「違うメガネ」が必要です(笑)

こうなってくると、
遠くも見えず近くも見えずらく(^_^;)

中庸を見なさい、との
思し召しかもしれません。

なるほど・・
こういうことなのか。

そう思うことが増えてきていることを実感しています。


詩人の柴田トヨさんがお亡くなりになって
あの可愛らしい声でたくさんの人々を励ましたこと、
素晴らしいお仕事だったと思っているところに、

私はまたしても、可愛らしい声で
素晴らしいお仕事をしていた知人を亡くしてしまい。

昨日は今までのその方とのやり取りを
ぽつぽつと、思い出していました。


ああ、どちらも
笑顔がかわいらしかった。
人を励ますお仕事だった。
声がかわいらしかった。


相田みつおさんの言葉に
『麗老(れいろう)』と言う言葉があるそうです。
相田みつおさんの息子さんがその言葉を持って
柴田トヨさんを語ったと読みました。


麗しく老いる。
その言葉は
心、みずみずしく老いる。という質感が感じられて
すごく好きになりました。


そしてガサガサ声の私も
最後までみずみずしく
「麗老(れいろう)」に生きたいと思いました。


s-P2060168.jpg



人は必ずこの世を発って
「往く」ことになっていて。
それは生まれた時からの約束ですよね。

それまでに、たくさんの方たちの
「生き方」と「往き方」を
学ばせてもらえるんだな、と。

そう思った昨日でした。


みずみずしく、
偏らず、
やわらかく、

そうか・・いろいろと乾いていくからこそ

ますます、麗しい心で
最期の時まで、過ごそうと。
教えていただいたのだ。

そう思いました。

だって、
こればかりは「付け焼刃」では
どうにもならないと思うから。

そう思った瞬間
柔らかな二人の声が重なって耳の奥で聞こえました。

「そうよ。」って。

関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。