Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP心と宇宙の話し ≫ マイナス40℃をスリッパで走るって

マイナス40℃をスリッパで走るって

「近くの駅か何かにたどり着きたいとの思いだけで、ほかは何も考えていなかった

ここが大事だったんだね~ということで、赤字です^^

マイナス40℃の世界にTシャツとスリッパで列車から落ちてしまった
ロシアの男性のお話です。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw499981

結局7キロ走って有人駅にたどり着いたという奇跡も
彼が呼び込んだんだと思うわけです^^。

脳開発の西田先生はよく
「アホになれ、アホが一番強い」と仰いますが、

中途半端に賢い頭は、予測や想像力に長けているうえに
過去のことを覚えてて、それと今を照らし合わせ、
ああだったら、こうだったら、と
余計なことを色々と考えるわけです。

この男性も
「ひょっとしたらこの先何十キロも駅などないのかもしれない」
「この気温で生きていられるのは1時間が限度だ」
「なんてこった!俺はスリッパだ!」とか思って

勝手に「ダメだ・・」と思ったりすると
この奇跡は呼び込めなかったんだろうと思いますし、
何より7キロ走れないですよね。

理想だな~~。

彼が特別優秀なアホ(褒め言葉です)な頭脳の持ち主だったというより
生き死にが掛った場合、
人(というか本能の頭脳)はこんな風になるのかもしれない

とはいえ。

彼は走った。
多分止まることは考えなかったと思う(死ぬから)

「駅にたどり着くこと」だけ考えながら

潜在意識をつかってスムーズに生きるって

あほになって(余計なこと考えず)
走る(行動する)に、他ならない。

と、思ったのでした^^。


理想だわ~
スッキリだわ~。

CREATE GREATNESS !!

utyuu.jpg

関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered