Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 夢が見せるパラダイムシフト

夢が見せるパラダイムシフト

今日は寝ていて見る夢の話です。

とても印象的だったのは
亡くなった父と母が、2人とも登場した事でした。
2人とも登場する夢なんて生まれて初めて(多分)見たと思います。

でも一緒にいるわけではなく
そのあたりが不思議なのですが

父は寝室のテレビの中で、かなりパリッとしたいい男であり、
何だか経営者として経営者風のことを
はつらつとしゃべっていて、

私は居間のソファーに座る母に

「いや~!ちょっと~!今はあんなにパリッとしてるけど
 後半は大変だったんだから~~~!」
と、説明しようとして
その「ちぐはぐさ」にはっと気が付いたところで目が覚めました。

私がそう話しかけた母も、思い出すと、いい所の奥様風で・・・
ソファーも魔法使いサリーちゃんちにありそうな感じの
デコラティブなものでした^_^;

母は不思議でゴージャスなそのソファーに負けないくらい
存在感があったのです。

起きてから、そんなことが気になってました。


そもそも、夫婦そろってそんな感じだったら
私もこんな感じなわけがなく。。。(爆)

じゃぁどんな感じになってたかしら?って思って

ハタ!と思いつき
ほーほー♪と頷きました。


あれは違うパラダイムの父と母だったんだと。
で、多分そこには、
そこのパラダイムの私もいたのだと思いますが、

もちろんそれは「夢を見てるこの私」とは違うので、
母は少し「困惑した」表情だったのだと思います。

「誰これ?」って^_^;


パラダイムシフトの話はややこしいですけど。

人生の中日常の中は全て
選択の連続です。

小さな分岐点、大きな分岐点があって
それぞれに先が違います。
(大切なことはそのどれも間違いはひとつもないということです)

小さな分岐点での選択は「同じエリア内」
大きな分岐点での選択は「別エリアへの移動」です。

*余談ですが、この大きな分岐点が未分野の仕事だったり
 大きな病気であったり、色んな姿でやってくるわけです。


今これを読んでいるあなたは
一本の道筋の途上でこれを読んでいます。

しかし、他を選んだあなたも
別のパラダイムで脈々と人生を紡いでいるのです。

同軸上に「億」と言うあなたが存在し
それらはすべて「座」が違うので、
同じ座で出会うことはありません。

ええ、ここまでの私の説明には
この世界での「整合性」はありませんので
あまり真面目に整理しないで、
ぼんやりと(笑)聞いてくださいね。

*パラダイム・パラレルについて過去記事検索で3つ出てきました。
 ご興味あれば読んでくださいね^^
http://mayoone.blog96.fc2.com/?q=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0&range=blog&is_adult=false&s=y&charset=utf-8

というか、(↑にもありますが)一昨年に作った図がありますので
こんな感じ、と言うことでご了承ください。
パラレルワールド2


この図は平面で2次元ですが、
パラダイム(パラレルワールド)は超多次元にわたりますので、
この図が何億枚も重なって同時に存在すると想像してみてください。

普段はアクセスしない層の違いを
夢は飛び越えることがあります。

どこかで私は、私が知らなかった別次元へ進んだ
父母の別の次元に近づいて、
その。*.゚☆キラキラな生活を垣間見てしまったのだと
そう思ったのです。

この「近づくことができる」「想像することができる」は
イマジネーションに大きく影響を与えます。

イマジネーションが影響されることは人生に何らかの影響を
「必ず」与えます。

と言うことで、
私は何か新しいワクワクの道へ歩を進めたようです。ヽ(^o^)丿

だって~父も母も。*.゚☆キラキラで幸せそうだったもの^^。
*もちろん間の私の知る父も母も幸せですよ^^v


収集が付かなくなりそうなので(笑)
この辺で。

「全ては自分次第」と私が言うのは
こういうこともベースとしてあるからなのでした(*^-^)

さて、今日もバリバリ資料進めますわよ♪
待っててね♡ 私のグループさんたち(*^-^)


これを書き終わった後に無性に聞きたくなった曲




聞いたら思い出したこと

ステージが変わると
本当の意味で「過去を癒すこと」ができます。

もし皆さんが何をしても過去を癒せないというのであれば
それは過去と同じ場所に立っているからです。

だそうです^^。
関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered