コーチャンフォーでニーモシネにうっとり

Category : 日々の話し
「コーチャンフォー」というと

なにそれ?
「こーちゃんがヽ( ▽∀▽)ノ フォー!! 」??
と、思う方が多いかと。(笑)

コーチャンフォーは
北海道に何店舗かある大型書籍&文房具の店で、
正式名称も「コーチャンフォー」ですが、
その意味は「コーチ&フォー(4頭立ての馬車)」なのだそうです。

4頭の意味も
書籍(雑誌から学術関係まで)
文具(キャラクターものから画材まで)
音楽(CD)
飲食(ミスドやドトール。レストラン)

の4つ。

今時は大変なんじゃ?とも思いつつ。
いつも車でいっぱいです。

また、上手いなぁ~って思うのは
幹線上の何にもないような地域に立てる。
どうせ移動はみんな車だから^^


子どもから大人まで、特に女性だと
文房具売り場ってかなり好きなんじゃないかな?って思います^^

曼荼羅画の画材などを仕入れに
コーチャンフォーへ行くのですが
なかなか出てこられないのです(笑)

そして高揚した気分は
何か買わないと気が済まなくなってて(笑)。

ノート1冊で良いんです。
買えば憑き物(爆)は落ちるのですから^_^;

あ、でも・・・
私は一昨日ペンを1本買いに入ったのですが
ペン1本で憑き物は落ちず(笑)

これを買いました。5㎜方眼です。
マインドマップ書くのにいいなぁって思って^^
P2280074.jpg P2280075.jpg

表紙の裏の黄色の部分中央にこう書いてあります。

「ニーモシネ」
ギリシャ神話にはミューズと呼ばれる9人の女神たちがおり、
学問や芸術をつかさどっていました。
ニーモシネはその女神たちの母で、
古代ギリシャの「記憶の女神」といわれています。

こちらも上手いなぁ~☆ヽ(▽⌒) 

また、紙質も良く、
指で挟んだ時のやさしいのにしっかりとした手触りが
私をうっとりと誘惑したのです(笑)

そして、切り取れるって書いてあります。
書いて見せてプレゼンすることの多い私は、
それを美しくその場で切ってお渡しすることもできる。
って思ったのですが、

今切り取ってみたら素晴らしいの!!
力は要らず、引きつったりせず
カッターより美しい切れ目です。
最初から一枚の紙だった、というような代物です。

私が買ったのはこのシリーズのB4変形だけど
http://www.mnemosyne-japan.com/product/light/light/index.html

630円でこんなに満足できるって素晴らしい~ヽ(*⌒∇^)ノ



ああ、コーチャンフォー話から
すっかりニーモシネ礼賛になってしまった^_^;。

さてっと♪いろいろ書いたり書いたり書いたりしようかな(*^-^)




関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。