Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ 行動のメリットデメリットTOP本の話し ≫ 行動のメリットデメリット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

行動のメリットデメリット

ようやく読み終えました~。

今朝は本の紹介
←アマゾンへ

色んな例に例え
わかりやすく書かれていますが、
私の周りの出来事に置き換えると
えええ?これはどっち?と
わたしの頭は行ったり来たり^_^;。

「好子出現の強化」
「嫌子消失の強化」
「嫌子出現阻止の強化」

えっとぉ~じゃぁこの場合は?と考えた時に
死人テストに引っかかるとか(爆)

ちなみに、大雑把に言えば
好子とはメリット。
嫌子とはデメリット。

メリットが出現(もたらされる)ならその行動は強化(習慣化)しやすく
デメリットが消失(消える)ならその行動も強化(習慣化)されやすい

それぞれその反対だと行動は弱化しやすい。と言う話なのですが

では「行動」ってなに?ってなわけで^_^;

ちびちび読むと、前章へ戻ってばかりで全く進まない^_^;
なわけで、昨夜一気に(笑)読み終えました。

専門書的であるけど、
専門書ではない。
*だったら絶対に意味が解らなかったと思うし
 ぷぷって笑えない。

総評:面白かった♪

先々週、この先生をテレビの中に見かけた時に書いたブログ
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-905.html

この中で、この手法を
「犬のしつけ」のように感じたと書いたのですが、

この本を読んで
そもそもが、人間は育てられる中で
(悪意はなく誰も気づかず)「犬的」にしつけられてる部分がたしかにある。

それを今まで不思議に思っていなかったことに思い当りました。

つまり動物的に育てられている(動物だから当然かもですが)部分を修正するために
その行動がなぜ起こるか?ということを
「心」ではなく「動物としての行動」と、捉える。

「こころ」として捉えると難しい部分は
大部分が「犬的」に反復の中で根付いているわけです。
本人は全く気が付いていなくてもです。

もちろん私も含まれます^_^;

私が大学で心理学を学んでいたき
スキナー主体の「行動心理学」というのはあまりいい印象がありませんでした。
もっと人間は「心ありき」だろうと考えていたからです。

「そんな、機械みたいにね~」って^_^;

ただ、今この行動心理学と
潜在意識を並べてみると

超!似てます。
と言うか「同じなんだろうな」って思うわけです。


潜在意識の世界でも
植え付けてしまった価値観なりを
手放さなくては
新しい価値観が入らないわけですから。

考え方の修正が必要で
その修正を「行動」に置き換えるときに
何か起きるんですよね^^。

そんなこと思いついた私は
これ追求したら面白いかも。と思いつつ。

自分の仕事ではなさそうなので
しばらく放置します。

必要があるならまたやってくるはずです^^


ただ、怠学不登校や自閉症児について悩んでいる方は
ぜひ読んでみるといいと思います。

自分は何ができていないのか?
ではどうするのか?
がはっきりと書かれているからです。

心の現れが「行動」であるから
「心」を理解し導こう。って
間違ってはいないけれど、

あ!そーか!!
と思いしたことが1つ。

私はよく心や考え方の傾向について
「クセを治そうとするからクセは治らない
クセは新しいクセで上書きした方が早い」と
レクチャーするのですが。

それって非常に
この「行動心理学的だ」と、今気づきました。

すごいな~私って天才!!(爆)⇐私にとっての報酬なので強化される?(爆)☆ヽ(▽⌒)


あ、話ズレました^_^;

まず「こころありき」であるなら
その「こころ」がどう形成されたか?は非常に重要だということです。

自分のなかに根付いた癖も、ほどけてくかも、です。

そんなわけで、
非常におすすめでございます♪

関連記事
本の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。