スー族の祈り

Category : 日々の話し

願いを叶える点描曼荼羅画 ウェブ講座を開講しています♪
講座へのリンク↓


*2018年4月追記
2015年より社団法人となり
「宙を奏でる点描曼荼羅画」はプラクティショナーより学べます。



mixiお引越しシリーズ

【2005年12月14日 UP】

64094740_11s.jpg 64094740_81s.jpg

秋に長野を訪ねたとき。
とても素敵なプレゼントを頂きました。

それがこの「スー族の祈り」という書です。

古い文献のスー族・チーフ・イエローラークの残した言葉を訳され
筆でしたためたもの。
1887年の文章です。

全文載せていいものかちょっと判らないので
今のところこのUPですが
とても心にしみいるメッセージです。


この額は主人が作ってくれました。
既製品ではサイズが無く、注文だとかなり高いと思われ・・

でも私もダンナもどうしても飾りたかったのです~!

なかなかの出来映えでしょ?


書いてくださったMさん
これを頼んでくださって渡してくださったMさん

ありがとうございます。
大事にさせていただきます。^^


****掲載許可をいただきました。****



【2005年12月17日 UP】

「スー族の祈り」

             訳 渡辺 雅子

おお、偉大なるスピリットよ
その声を私は風の中に聞く

その息は世界の全ての物に生命を与える。

聞いてください。
私はあなたの多くの子供のひとりとして
あなたの元へ来ます。

私は小さく弱い
私はあなたの強さと知恵を必要としています。

私が美しさの中で歩んで行けますように、

そして私の目がいつも、
赤と紫の夕陽を見ていますように、

あなたの創ったものを
私の手で尊ぶことが出来ますように、

あなたの声を聞くことができますよう
私の耳をとぎすまさせてください。

人々にあなたが教えたことを
一つ一つの葉っぱや石に秘められた学びを
私が知ることが出来るように
かしこくして下さい。



私は強さを求めます。
私の兄弟に勝るためではなく
わたしの最大の敵 
自分と戦うために

私の汚れのない手を、まっすぐ見開いた眼をもって
いつでもあなたの元へこられるように準備させて下さい。


私の人生が夕陽のように消えていくとき
私のスピリットが恥を持たずにあなたの元へこられますように、


チーフ  イエローラーク 1887年




*******************



1887年からきた私たちへの手紙ですね。

私たちは今から120年後に何を残せるでしょうか。


訳をして下さった渡辺雅子さんと
美しい日本語の書にしたためて下さった村上勝子さん
プレゼントして下さったMaryAnneさんに
感謝します。

su-.jpg



関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。