Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP心と宇宙の話し ≫ 「逃げる」は「待ち」

「逃げる」は「待ち」

願いを叶える点描曼荼羅画 ウェブ講座を開講しています♪
講座へのリンク↓




非常に落ち着きのない自分がいました。

ある土曜日のことです。

なにをどうしたらすっきりするのか?
なにを自分で急かしているのか?
あれこれ思いを巡らせても行きあたりません。

私はぶつぶつ言っています。

なんだっちゅーの?!
とにかく落ち着けワタシ!
このままでは効率が悪すぎる。

先ず呼吸。
腹式に深く持って行きます。

呼吸だけに意識を集中すると
あるイメージがわかりました。

形の違う箱を幾つももって
その収まりがつかないことを
感覚的に「いずい」と思っているのです。

*「いずい」は北海道弁です^_^;
  異物感・違和感を感じてる状態・・かな?^_^;


なるほど。
そうなると
私が取れる方法は二つあって

にげる。(要は放置する)
なんとか重ねる。

考えたんですけど、
形が違うものを「入れ子」にはできないし

時期を焦って無理やり整理したところで
2~3日で元の木阿弥ですから。

ここは「放置」しかありません。


で、とりあえずそこに放置したまま
現在の視点と観点をずらそうと思いました。

そうすると何かしらの枠が広がって
思いのほか簡単に収束するからです。

自力でやろうとは思わないってことですね。
「超お任せ」に叶うものはないから

・ぼ~っとリラックスすることや
・本を読むこと
・アタマを片づけられない分周りを片付けまくること

そんなことをしていると
かってにそれぞれの大小や角が変化して
ストンストンといろんな事が収まっていきます。

対象を何とかするのではなく
入れ物である自分を変化させる。

それが、私の得意の「逃げ」であり。

「待ち」の状態なのです(*^-^)。


とある土曜日とはもちろん今日のことで(笑)

「待ち」の間に数日気になっていたこれを
引っ張り出して読み直してました。


そうそう、
自分を感情からひきはがす事や
完ぺきに俯瞰することを
この本が教えてくれていたのでした♪

この本のレビューをmixiで書いたことがあって
引っ張ってきました。

*******************

2009年05月21日のレビューです。

1度2度じゃほとんど理解できない。

例え3度読んでも、人には説明できない。
ヘタに説明するくらいなら、しない方がその人のためだと思う。

これでもかと言うほど重ねあげた文章で説明されるのは。
あなたの「生」が何者の影響を受けて、そのようにあるのかということ。

こうした本にありがちな他者の言葉からの引用で自説を固めることもなく。
(そもそも、そんな必要が全くないことをこの本は説いている。)
信じようと信じまいと、この「場」はそうできている、と畳み込む迫力がある。


これまでの「引き寄せの法則」や「ホ・オポノポノ」をはるかに越えた向こうで
作者が「いいんだ、私のことを考えて私の言葉に影響されるのならそれは間違っている」とでもいいたげな姿が浮かんでくる作品。


☆が4つなのはこの世の思考の有様がしつこくくどく・・
(それがどうしても必要だからなのだろうが)
そんなこと考えている人間はそもそもこの本は読まないだろ。と思ったから。


今のところ3部作のこれは「1」
もちろん「2」も注文した。大切な話はこれからだからだ。

*******************

ご興味のある方はどうぞ♪
お勧めします♪

結局6巻まで出ているようですが・・
1巻が一番おすすめかもです。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



ここだけの話ですが・・・
ブログオーナーのワタクシは^^
魔法のジュースを販売してます











関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered