Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ 気分の価値TOP日々の話し ≫ 気分の価値

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

気分の価値

DSC_1538.jpg


先日の大掃除で、主人の洋服を捨てることにした私ですが、
寄付として活かしてくれるところを見つけたので
全ての袋を開けて仕分けをしていました。

もう、見るからに生地のよいパンツが30本近くあって
ほとんどがイタリアものです。
どれも数度しか履いてないはずです。
ロクに履きもしなかったのにばっかみたい!と思いながら、折りたたんでいると

触った瞬間から「なにこれすごい!」と思う生地がありました。
タグを見ると「ゼニア」とあります。

なるほどね~~高いものは違うんだわ。

でもしかし。
有っても履かないのですから(そもそももう着て行くところが彼にはありません)
どうしようもないのです。

考えてみれば、これらのパンツだって
欲しくて買ったのでしょう。

考えてみれば、私が捨てたバリの楽器(ワタシのはせいぜいその程度です^_^;)だって
欲しくて買ったのです。

膨大な「欲しくて買ったもの」が
膨大な「捨てるもの」の山になった時。

私は考えました。

私たちはつくづく「もの」を買うのではなく
それを買って自分のものとして、
身に着けたり飾ったりして
その「気分」を買うものなんだなってことを。

その(眼には見えない)価値の「気分」を満たしたいのだって。

だって、いずれは着なくなるのだからといって
どうでもいい服を買えるわけではないのです。

いつか着ようと思って大切にしまっていても
いざとなるとやっぱり気持ちがそぐわなくて
また仕舞ってしまう。

どうしてか?というと、それに対する「気分」が持てないので
自分にどうしてもそぐわなく思う。んですよね。

捨てるものの山を見ながら
こう思っていました。

思い出も、人間関係も、捨てられない小物たちも
もしそれらに引きずられることがあるなら

きっぱりと、もう「気分は十分いただいたこと」を認識して
それに対する感謝があれば、捨てられるのではないかな?って、

そうするとそこに新しいものが入ってくる。
新しいものが新しい気分を連れてやってくる。

そう思います。

でも冒頭の絵は、その時の気分も素敵で
15年経った今、その気分を刷新できた、
珍しい1品です。

人生にそんなものは数少なくて丁度良いのだ。

そう思いました(笑)


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ








関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。