Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日々の話し
CATEGORY ≫ 日々の話し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

たくさん「生きよう」と思う日

終戦記念日が近づくと、新聞やテレビで特集が組まれます。

ほんとうに若くて、
それでも自分の命で家族を守ろうと特攻機に乗っていく人たち、
爆弾を胸につけられて相手の戦車の下に潜り込まされた沖縄の人たち

お互いに怖くて怖くて殺し合うしかなかった日本兵と米兵

その事実の一つ一つを
残された言葉や思いを
「知っていてあげるたい」と思うので
辛くて悔しいけど、しっかり見ます。

今年は戦後70年と言うことで、
私は今まであまり出なかった、知らなかった情報にたくさん触れることになりました。

ソ連兵から逃げながら引き揚げる人たちが
中国の村を通るときに、渡す金品が無ければ
未婚の女性を差し出すしかなかったこと。

日本人の家へソ連兵が若い娘をさらいに来ること。
連れ去られぼろぼろにされて、

そのどちらも「妊娠」してしまう事。
国家としてそれらの堕胎を補助したこと。
葬られたたくさんの小さな命

アメリカ軍の古い映像で、沖縄のバンザイクリフから
赤ん坊を投げ落とし自らも落ちていく若い母親を見ました。

なにも死ななくても、と思うのは、あまりにも不遜な言葉だと思いました。
捕まったらどうなるか、特に女性はどんな目に会うかと散々脅されてきた人たちは
それよりはこれを選んだのだから。

後からの人たちの言葉などどうでもいいのです。

画像の中にある、落ちていく前に確かに生きていたお母さんの心に触れたい。
死ぬことを選んだ決意をああだこうだいうのではなく
ただ知っていてあげたいと思うのです。


日本中みんながどこかもう狂っていた。
特攻隊にいたお爺さんが言っていて

そうなんだろうと思いました。

何もできないけれど、
言葉や文章や写真の中の笑顔、
崖の上の決意や、どんな恐怖だったか。
どんな思いをしたのか

少しでも知っていてあげたくて

そして、その人たちの分も笑って、食べて、
その人たちの生きられなかった分、代わりに十分だというまで、
生きて行きたい。

その人たちの為にそうしたい。

そう思うのでした。
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

やっぱりこれだけは言いたい

先日「きたくりん」というお米を初めて買いました。
重厚な旨さがあってとても美味しいお米でした。

それを使って焼きおにぎりを作ったのですが
それを食べた友人に
お米が「きたくりん」だということを言うと、

今はたくさん北海道のお米できているよね
これも温暖化で北海道の気温が上がったからだよね。
だからどんどん味も良くなっていってるっしょ。
魚だって今まで採れていたのが採れなくなって
南の魚が採れてるもんね。

と言いました。

魚のくだりは私もそうだと思いますが、

米のくだりは、大声で「違う!」と言いたいです。

昔、北海道に屯田兵として開拓に入ってきた人たちは
米の作付を禁止されました。
育たないのがわかっていたからです。

ならば寒い所の作物をと皆が思って開拓にはいるわけです。

ところがです。
米が無いと何もできないことがわかりました。

どうしてかというと、ロープもムシロも、生活に使うほとんどのものが
稲わらからできてたからです。

また、さらに重要だったのは
畑にすき込む肥料
労働を担う馬の飼料としての稲わらです。

米と言うのは食べてお腹を満たすだけのものではなかったのです。

そして禁止されている米を
どうしようもなくて隠れて作付します。

もちろん育ちません。

極寒の地で他の作物もうまくいかず、
飢えて、凍えて死んでいく人が後を絶ちませんでした。

なんとかして米を育てたい。

北海道のお米の品種改良の起源はそこです。

そして、念願が叶ってお米が採れるようになりました。

でも、有名なお米の産地に比べたら半分以下の金額と半分以下の味でした。

バサバサして美味しくないと言われ続け
全国のお米の旨みに追いついたのが多分10年ほど前ではないでしょうか。

そこからまた飛躍的に北海道のお米は味も価格も良くなってきています。

温暖化で何か影響もあるでしょうけれど
寒冷地で美味しく育つように品種は改良されてきました。

札幌からちょっと内陸へ走ったら水田が広がります。
綺麗な丘陵が続いて、パッチワークのように畑が広がります。

それを見るたびに美しさに感嘆し
必ず心馳せる思いがあります

わずか200年前は巨木が支配し、
谷地と雑木が広大に広がり、
山と谷ばかりの土地だった北海道。

巨大な切株を痩せた人と馬が一つ一つ抜いていたった姿が見えるように思えるんです。

JRで走ると思うことがあります。
それぞれん土壌的な問題があるのかもしれませんが
休耕地の多さです。

世界の食物事情も、気候の温暖化で色々な変化をしていることでしょう。

けれども、日本の農業を守ることでしか
日本の農地を守ることができません。

北海道のお米が今こうして美味しいのは
沢山の人が「美味しいって言ってもらいたい」と思って
諦めずに作りつづけたからだと思います。




日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

怖さのサイズ

私は車を運転しますが、
犬と同じであまり冒険しません。
遠出もしませんでした。
テリトリー内で安心して運転できる道路を選ぶわけです。

そんな私にとって「恵庭」は遠い所でした。^_^;

目の前の道をまっすぐ行くだけなのに
周りの速い車や大きなカーブが怖くて、
それに胸がドキドキするのが嫌いだったのです。

その私も今では「恵庭」は身近で行くのが楽しい場所になりました。
*真冬は別です^_^;

それは恵庭の友人の所へ仕事で行く回数が増えたからでした。
遊びではないので、「選択の余地がなかったこと」が幸いしたのです。

天気の良い日に遠くの山が目に入る大きなカーブを曲がると
「なんて幸せなんだろう」って思えるようになりました

大学へ行くと決めた時は、人生で一番怖い思いをしました。
それはお金の事。
4年間で400万円強。

それまでに得ていた月25万円ほどの収入は無くなり
食べていくのもどうする?と言う状態なのに、
年度ごとに前期・後期でまとまったお金が必要です。

でもその怖さよりも「行きたい」が勝てたから
結果は「怖がっているほどではなかった」と言うことになりました。
支払時期は「どんより」ですが(笑)
すっからかんでもいつもそれ以上に楽しかったのです^^。

これらと似たことに「願叶曼荼羅の描き方」があります。

願叶曼荼羅は直感を重視するので
例えば、とても繊細な色合いで美しく進んでいるな、って時に

「赤」。
なんて直感がやって来ると、
正直「ええええ~(´∩`。)」って気持ちになります。

なので、(先生としてあるまじき発言ですが)
色々と抵抗を試みますが、
同時にそうやって「直感に」抵抗している自分を知ることになります。

結局は降参して「赤」を手に取り
それでも本当に紙の上に色を置くまで心の中では
いいのかいいのか?と抵抗しているのですが、

えいっ!って置いちゃうわけです。
置いちゃえばこっちのものです。
後はどうにもなりませんから^_^;

つまり置くまでが「とても怖い」んです。
それまでの全ての作業が台無しになる怖さです。

ところが、
そこからが願叶曼荼羅の真骨頂なんですよね。

直感に従うという作業の果てにあるのは自分の枠の外
自分では考えもつかなかった場所へ運ばれるわけです。

枠というのは、頭の中では取れません
「伴う行動」があって初めて、枠が外れ、新しい場所に着くんですね。

願叶曼荼羅であれば、その行動を起こしてみても
誰にも迷惑が掛かりませんし、お金も掛りません。

せいぜい、あああ、やっぱり赤を入れなきゃ良かったのに、
と思うような出来になったとしても
その先にそれを越えるような作品になるための直感が必ず上乗せされます。

直感を選択するときの「練習になる」というのはそう言う事です。


で、何言いたいかというと。

願叶曼荼羅が法人化されて
私は、法務局にも税務署にも銀行にも
今までとは違うかかわりを持たなくてはならず
生まれて初めての経験を今沢山たくさんしているところです。

正直、読んでも意味不明の書類を前に
自分でできることと
自分ではできないことはなにか?
そこから考えている状態です。

そして今思うことが
自分で色々やってみて良かったな。ってことです。

何だかすっごく枠が広がりました。

大きな怖さだったことが、
少しずつ小さな怖さへ変化しつつあります。

それは怖さのサイズが変わったのではなく
私が変わったからですよね^^?

フォーエバーのお仕事の中でも
願叶曼荼羅の制作や講座の中でも
全ては「実践」です。

直感任せというのは
それらと顕在意識が直接対峙することとなります。

そうしているうちにたくさんの枠が「実際に」外れます。

きっとその方が楽しいですよ♪








日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

長生きしたくない。

先日の嫁との会話。

子どもたちもいるから、私はよく嫁に食生活の話をしますが、
彼女にとってそれは新たな理論武装を身につける機会となっているようです。
ようは「全く聞く耳は無い」と言う事です。☆ヽ(▽⌒) 

こうこうこうで、死ぬまで健康でいるために、こうだと思うんだよね。
そういうと。

「適当な所で死ぬ方が人生としてはいいかもしれない」
「長く生きて楽しいだろうか?私はそうじゃないと思う。」
「万が一90、100まで生きるなら、1人で動けない身体で何を楽しいと思えるのか?」
とのことでした。

あまりに見事な返答に、思わずニヤニヤした私です。

命はコントロールできないですものね。
創れるのは「人生」だけ。
閉じるのも「人生」。

身体の事を話すのは、
実は「生きる事」を話しているのだと、
彼女の返答から得たのでした。

私は最後の時まで、
色々なものに感動して
全てに感謝していると思います。

それが出来ていること。
それが生きていること。

だからきっと100まで生きてもそれを楽しめるのだと思っています。

楽しいの意味が違っても
彼女の考えも又、彼女の中で正しいのだと思います。




日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

よく遊び、よく遊べ

お盆後から始まった怒涛の日々も中盤を越えました。
あと少しでございます(*^-^)。

広島では「願いを叶える点描曼荼羅画」のプラクティショナー(講師)さんたちに
「安岐の宮島」に連れて行ってもらいましたし、
宮城では素晴らしい蓮沼に連れて行っていただきました。

胸にはそれぞれ色々なことが宿りましたが、
その話は今度写真と共に、と思っています。

昨日は高校時代の友人が実家に帰って来ていて
こちらの友人と4人で由仁ドライブへ、

この由仁ドライブは北海道を堪能できる小旅行みたいなものなのですが
もう10年以上通っているというのに、この友人たちと来たのは初めてでした。
すまないねぇ、今までご紹介していなくて(^_^;)

みんなで相変わらず美味しいファームヤードのスープスパイス食べてきましたよヽ(^o^)丿

そうそう、このドライブで、私が修学旅行で安芸の宮島へ行ったというのは
「思い込みだ」と判明しました(^_^;)

リアルに行った経験としてわたしに根付いていた厳島神社は
実際に行って見たらまるで違う所でした(^_^;)

それでも果敢に
修学旅行で行ったよね?そう聞く私に3人で
「行っていないこと」を諭してくれました。

私の記憶はいったい。。。(^_^;)
1409489889897.jpg 1409489874925.jpg

さぁ、「佳きこと怒涛」の後半が始まりますヽ(^o^)丿

アデプトプログラムに参加しませんか?

【アデプトプログラムを札幌で受けませんか?】
adeputo 2

ありがとうございます。お陰様で神聖幾何学で6名様アデプトプログラムで1名様のご参加が決まりました。
どちらも二日掛けてなので、我が家は合宿所となります^^
特に神聖幾何学の方は願叶曼荼羅のプラクティショナーさんばかり♪さぁ寝られるのでしょうか☆ヽ(▽⌒) 

でも、残念だなぁと思っているのは、札幌に光を降ろすお仕事としてアデプトプログラムをRueさんと札幌で開催させていただくことにしましたのに、札幌やその近郊の方がいらっしゃらないこと。

アデプトプログラムを札幌で行い、札幌に光を降ろす方を増やしたいと決めるに至ったのは、Rueさんの家でお話しをしているときに、南と西の窓にドカンドカン!と風があたる龍の合図があったからでした。

アデプトを受けるとこうどしっと「自分」が決まるんですよね~^^、それによっていろんな変化がもたらされます♪この感覚を共有していきたい。そう思っています。

きっとこの記事を見てぴん!と来る方がまだいらっしゃると思います。
「わたし!!」という方、ご参加くださいね^^。

アデプトに参加してくださるNさんは、私のアメブロの願叶曼荼羅をみてメッセージを下さった方で、その後に龍話からアデプトのお知らせに興味を持ってくださいました^^北見から車を飛ばして来てくれるそうです^^龍繋がりはすごいです^^
私たちはどこからなにをしにやってきているのか、それを知ることくらいに強いことはないと思っています^^。
アデプトプログラムのご参加、お待ちしております♪
申し込み、問い合わせ、ご相談はは、こちらのコメントか私宛メッセージで結構です(*^-^)。

****************

アデプトプログラム in札幌
~鎧(ヨロイ)のような価値観を脱いで、自分自身を生きる~

何か違う・・・
もっと違うように生きたいのに・・・
こんな風に感じる人が大勢います。
アデプトプログラムを受けることにより、色々な事がクリアになり、
一人一人が違って素晴らしい存在であることに気づき、
「自分は自分なのだ」と気づきます。

アデプトプログラムとは、
何千年もの間口伝で伝えられてきた「宇宙と意識(自分)の関係」を
学び、身に着け、自分自身が何でできているのか?を知るプログラムです。

アデプトプログラムin札幌のガイド
埼玉でご活躍のRueさんが札幌へ来てくださっての開催となります。
Rueさんの作るアロマはすでに魔法、私もそれを体験しました。
RueさんHP TOP → http://www.aroma-ru.com/
アデプトプログラムとは?→ http://www.aroma-ru.com/adept.html

7月初めに、アデプトプログラムを受けるために埼玉へ行ってまいりました。
実はこうしたものは苦手、と長く思っていたため、なぜこの流れが、
抗う事の出来ない状況で起きるのか色々なものに問い合わせてみました。
答えは「苦手だから受けろ」と。プログラムの後、
日を追うごとに自分の変化を感じています。
今までよりも明らかに、広く大きく安定した自分を感じ、
仕事などを含め、すべてがスムーズに気持ちよく進んでいます。
これがプログラムとイニシエーションによる変化だと思います。

アデプトプログラム 札幌 

日時 : 2014年9月6・7日(土・日) 2日間(12時間)
場所 : 札幌市豊平区月寒 サロン「ぴりか*れら」 
(参加の方に詳細をお知らせします)
     *駐車可  *最寄駅 地下鉄 東豊線 「福住駅」(送迎あり)
料金 : 55,000円 
出張講座の為交通費などを頭割りでご負担いただいております:8000円(が加算されます)
よろしくお願いいたします。
 
やまだ まよ
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

銀鱗荘

1407072384551.jpg 1407072186839.jpg
1407072176494.jpg 1407072159288.jpg
1407072167485.jpg 1407072261165.jpg

昨日私は友人のお母様が宿泊されてる小樽の宿に友人を送りがてらご一緒させていただきました。
宿は140年の歴史を持つニシン御殿で「銀鱗荘」という超高級割烹旅館です。(移築されて90年くらい)

いい年をしてはしたないのであまり写真を撮りませんでしたが、
(というよりすべてが古美術品で、これはじっくり見たりするととんでもないことになると思いました^_^;) 
学芸員の血が騒ぎました^_^;

印象的だったのは至る所の「鯉」。
置物も、絵画もとにかく鯉が多いです。
縁起を重んじたニシン御殿の歴史だと思います。
部屋の欄間も双鯉(そうり)で可愛い♡

後は広間などにアイヌ絵が多く、それらを見て、
松浦武四郎(北海道の名付け親ね♪)がこのあたりを歩いたことも思い出しました。

床の間の軸もすごい素敵で、ここにある「鳶飛戻天 魚躍于淵」と言う言葉が
とても生命の悦びにあふれてる感じがしたので、調べてみました。

鳶飛戻天 鳶(とび)飛びて天に戻(いた)り
魚躍于淵 魚(うお)淵(ふち)に躍(おど)る
豈弟君子 豈弟(がいてい)の君子(くんし)よ
遐不作人 遐(なん)ぞ人を作(な)さざらん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳶は飛んで天に至り、魚は深い淵の上に飛び跳ねる。
楽しみ安らげる祖先の霊よ、万年まで恵福を与えたまえ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鳶」や「魚」は、神霊が霊験を示し表すものとして描写される。
詩経 雅の中の「旱麓」(かんろく)という作品より

うわ、本当に悦びそのもの、詩経ではないですか~!すばらしい♡

それにしても、二間続きのお部屋は写真の広縁だけで16畳^_^;。
お料理の器もどれもすばらしく、菊花帆立の汁椀はフタ裏が美しくうっとり。
お刺身はツブに黒ホッキ(なかなか食べられないサイズでしょうね~感動の厚さでございました)、
活ボタンエビ(特大)に、中トロに、私の大好物マツカワガレイ、鮭の帝王の大助(オオスケ)
あ、そうだ!ここの温泉は「しょっぱい!」のですよ、そしてツルツルです^^

今度はちゃんと宿泊して、あちこち探検、そしてうっとりしまくりさせていただきたいと切望しております。

お母さん、素敵なものを沢山みせてくださりありがとうございました<(_ _ )>
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

日常

メリークリスマス♪

長いお休みになってしまいました。

Aloe-Wingリーダーで願叶点描曼荼羅代表のまよです。

で、まだ、ブログのリニューアルに手を付けられないでいます^_^;
す~み~ま~せ~ん~~~(T^T)



日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

「しあわせのパン」

DSC_2140.jpg
大事な旅支度♪5日分ですヽ(^o^)丿


少し前に録画していた「しあわせのパン」と言う映画を見ました。

う~つ~く~し~い~~ヽ(^o^)丿!
なんて美しいんでしょう。
月浦と洞爺湖♡

mani.jpg


こんなところでこんな風に暮らせたら
とろけるくらいに幸せだろうな~って

どうやったらそうできるか?をいろいろ考えていました。
オットの定年まで待ってたらこりゃまずいわ、とか(笑)

パンも焼きませんしカフェもしませんけど
こんなところに住んで
あんな窓が欲しいのです^^。

ここから少し離れたところに
「響きの村」というシュタイナーの学校があって

ここの景色は私の中でNo1なのですが、
それに次ぐあこがれ♡

ひびきの村創立者の大村祐子さんが
真冬のこの丘に立って
「ここに学校を作ろう。」と思ったというそこは、
本当に「他の世界」を思わせる、美しさでした。

洞爺湖周辺いいわ~やっぱり。


と、話がずれましたが。

映画とてもよかったです。
画像が本当に美しかった♪

物語は淡々と進むのだけれど
どれも美味しそうで気持ちよさそうで。

景色の中に入り込んで
時間を忘れさせる魔法があります。

最後の曲も良かったな~♪



この店は「ゴーシュ」と言って
本当にここに在るカフェだそうですが、

公開後はきっと大変だったでしょうね^_^;




日々の話し | Comments (1) | Trackbacks (-)

佳きことを求めても

DSC_2140.jpg
大事な旅支度♪5日分ですヽ(^o^)丿

いよいよ明後日大阪へ向かいます。

土曜日は願いを叶える点描曼荼羅がP講座
日曜日はフォーエバーミーティングを開催
月曜日は潜在意識・直感セミナーを開催 
   →セミナーのフライヤー http://p.tl/u-sf
    無料ですが申し込みが必要です。コメント欄かメールでどうぞ
    pirikarera☆gmail.com ☆を@に替えてください
火曜日は東京へ向かい午後から漢方薬の先生のセミナーに出席
水曜日は横浜の大先輩と面談予定

そそっかしいのでその場で慌てないように、と。
行程表もかきましたよ(*^-^)v

お話しすることはほとんどが頭の中なので
そこから何が出てくるか?は、ほぼ宇宙にお任せです^^。

さて、どんな人も私は、
人生が佳くあるようにと望んでいると思っているのですが、

人生が佳くある。という「人生」ってのは。
「自分が」と言うより
「環境」のことが多くを占めるのではないでしょうか?

「環境」とはなにか?と言えば
家族であったり、パートナーであったり、
生活の周辺であったり、身体のことであったり、です。

すごく裕福で暮らしていても、
すごく汲々と暮らしていても、
これらのことはどこかで人生に影響してきます。

そしてこう思うのです。

「すべてが思うようにいくわけではない」
これは半分は正解で、半分は不正解です。

「思うようにいくこと」=「佳きこと」ではないからです。
「思うようにいかないこと、それも又佳きこと」と
しっかり心に受け取れて初めて
「全てが佳きことだった」と言う事象が生まれる仕組みになっているからです。

そこで環境に埋もれてはいけないのです。
ましてや「あなた」は「環境」そのものとは全く違う存在です。
あなたがそれ(私はこの環境の産物ではない、と)を認めるだけで
現れる事象が変化しだします。
そして、「環境は勝手に整う」を体験します。

立ち上がるために
あなたの足元の柔らかな草を積み上げて
踏みしめ固め、まずそこに立とうとするのか?

それとも、これではダメと
立てるような台を探しにでるのか?

あなたはどうしたいですか?

私ですか?私はこの両方をやったように思います。
どちらも「私にとって」必ず佳きことだから(*^-^)



押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

人生初 「炒りカカオ豆」

人生で初めて食べて、
今回この機会が無ければ一生食べることはなかっただろうという代物。

ローストカカオ豆です。

DSC_2129.jpg


きっと皆さんが想像する食感とは少しだけ違うと思う食感(笑)

アーモンドのような(ちょっとしっとりした)「コリッ」と「サクッ」の中間
「さくっ」や「コリッ」だけでは表現できない不思議な食感なのです^^。

味ですか?

ん~。
ココアの香りのする甘味の一切ない(ほろ苦い)チョコレート。
としか表現ができません。

一個食べて
もういい。と言う人と
嫌いじゃない。と言う人と、

この食感と香りを味わいたくて、
もう一個もう一個と手を出す人に分かれると思いますが、

私はこの最後の部類(笑)

この感覚は
一個食べただけでは分からないと、
袋に入ったものを持ち帰った私の感想です(笑)。

だって、何個か食べて分かったのですが、
ローストの具合で一個ずつ微妙に違うのです^^。

なので次は?と手が出てしまう。
油分の多い「しっとりコリッサクッ」にあたると絶妙の至福です(笑)


調べて見て分かったのですが、

さやから出して綿のような果肉をどけて種子を炒る。
ではなかったのですね。

綿のような果肉と共に熟成(少し発酵)させてから
乾かしながら水分を飛ばし
それから丁寧に炒ったものだったのです。

本当に貴重なありがたいものをいただいたのだとわかりました。


ここからココアが生まれ、ココアバターが生まれ
チョコレートが生まれたんだなぁ~って、感動しちゃいました。

貴重なので昔は「貨幣」の代わりでもあったカカオ豆。

今回は友人の由美さんが、
ご家族の実家のコーヒー園で取れるカカオ豆を食べたお話を聞いて、
羨ましい~!食べてみたいと叫んだ私に、と。

由美さんがこれまた友人に持たしてくれて私の元へ届きました。

感謝感謝です~♪


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

恐れは順当

P5080006.jpg生き返る~♪
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html



色々と今年は、
願って叶って、もがいて、背筋を伸ばしました。

キラキラと光の筋が見えても
ある時それは一瞬でかき消え。

見えないように見える道でも、見える。
そう思えるときもあれば、

もうないのではないか?と思うときもありますね。
ひやっと体が縮むような「恐れ」をともなって。

そうなると「パタパタ」と
望んでいない連想が始まったりして
体から「氣」が落ちます。

「恐れ」は順当にやってきます。
シカタナイのです。
それも必要だから。

でもそれを見つけた時。

「恐れも順当」そう思えるといいですね^^。


そうすると、意識は「恐れ」の「捉え方」を変えます。

「叶えたい方への心のシフト」を意識させるのです。


「恐れは順当」

だって、それは「何かの希望」があるからこそやってくるから。

私はそう考えています^^


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ






日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

旭岳温泉で瞑想する(笑)

今朝も美味しい♪ヽ(^o^)丿→P5080006.jpg
細胞がリラックスするには必要なものがあります。
アロエベラはそれらすべてを天然で創り上げています。



10月末に紅葉も終わりかけの道央を抜けて
旭岳温泉に行ってきました^^

もうダメかな?と思った紅葉はこんな感じで十分に堪能できました。
PA270249.jpg
PA270251.jpg

当日は雨やら晴れ間やらだったので3.4回虹を見ながらのドライブでした♪

宿泊はお料理に定評のある
旭岳温泉「湯元 湧駒荘」

すでに標高1000mの場所なので
宿がもう少しと言うところでいきなりの雪
道路も軽くシャーベット状です。
でも、運転手は私ではないのでとても安心です(笑)

宿は少し古めの山荘風、
部屋はいたって普通のものですが、
私が気に入ったのはロビーの大きな暖炉と、
ところどころに引きつめられた6角形の木のタイル。
カラコロと良い音がします♪

温泉が入る順番を間違えて^_^;
一か所は入れなかったところがあったのですが、
気に入ったのは「ぬる湯」
かけ流しなのでそのままと言う事なのですが、
う~ん、体温と同じか少し上くらい?。

友人は「いやだ風邪ひく」といって入らなかったのですが
私はもう出たくない感じ。

自分の身体とお湯の「境界線の無い感じ」
何とも言えないあの宇宙に浮遊した感覚、他ではないことでした^^。
瞑想状態にすぐなれます♪

さて、楽しみにしていた夕食

食前酒は美味しいリンゴのお酒

先付け 完熟トマトの白ワイン煮
お造り 自家製泡醤油で食べるお薦め鮮魚*手前の四角いのが泡醤油ね
泡醤油で食べるのってホントに美味しいけどなかなか出てこない
滝の家につづく人生3度目(笑)で、感激の美味しさ。
オマケにこのトマトの美味しい事!!!!!もう1個くださいと言いそうな美味しさでした^^
PA270257.jpg PA270259.jpg

前菜 松茸と新銀杏の海老真丈焼き 柿釜白和え 紋別産チカの南蛮漬け
3つ全てに感激 *真ん中の袋が松茸で開けると香りが~^^
PA270261.jpg

焼き物 蝦夷アワビの塩釜焼き
一個丸ごと(@_@)、柔らかくて、昆布とアワビの香りが相まって幸せな味でした~^^
PA270266.jpg PA270268.jpg

箸休め 湧水ゼリー(黒蜜添え)
これがなんと「水」のゼリー(@_@) 旭岳の湧水の美味しさ堪能です^^
PA270265.jpg

煮物 温もり野菜の炊き合わせ あおさ香る餡かけ
蒸し物 旭川「まるぜん」直送豆乳蒸し
あおさの餡って初めてでしたけど野菜と良く合うんですね~香りよく美味
豆乳蒸しも飽きない味です。
PA270269.jpg PA270271.jpg

鍋 たち(白子)と鱈のゆず香るみぞれ鍋
お食事 新米東旭川産「のこすとばちあたり」と自家製いくらしょうゆ漬け

すみません、ここで写真がぷっつりと。。。^_^;

到着してから2本ビールを飲んだ後に生中を頼んでますから
普段でしたらこの鍋あたりで「ギブ」の気配が漂うのですが、
次のお鍋もあっさりとお腹に収まりました。

なんでだろう?って思ったのですが、
どのお料理も「出汁」がいいんですよね。
すっきりとしっかりとこの出汁の力で食べられるんですね~。

〆のご飯!イクラももちろんなんですけど。
このご飯、なにもおかずなくても食べられる(笑)
その位美味しいお米!それが美味しいお水で炊かれてるんですね!

「のこすとばちあたり」素晴らしいネーミングです^^
もちろんほんと運珍しく「のこさず」食べることができたのでした^^

それが、感動なのでした^^

最後に不思議なものが出ました♪

デザート 白い珈琲プリン
これが美味しすぎヽ(^o^)丿 白いのに何で?不思議ね~本当に珈琲あじなんです。
PA270273.jpg



さてさて、
妙齢の女性3人は部屋に帰って野球観戦(笑)

翌朝は早くからまたぬる湯につかって幸せ♡
朝食はこんな感じです^^

PA280275.jpg
どれも丁寧に美味しい♪
ご飯がまた美味しい♪ 感激~♪

紙なべの中は、寄せ豆腐を出汁で温めたもの。
出汁だけなんだけど、お醤油が無くてもすっごく美味しい!
やっぱりここは「出汁」がすごいや!とまたしても感動で完食です(笑)

10時に宿を後にして、前日は雪で断念した旭岳ロープウェーに^^
白く化粧した絶景を眺めて
東川町の道の駅を起点に、東川町マップを持ってお土産買いまくり(笑)
自家製ハムやさんや豆腐屋さん、ケーキ屋さんとものすごく堪能しました♪

あ!!東川町道の駅「道草館」のソフトクリーム絶品でしたっ!
行ったら絶対食べる事♪

あとはだだだと写真だけ紹介しようと思います。

これはロープウェー到着駅の鉄柵についた雪
風が強かったのか葉っぱのようになっていて、
ぽきっと折るとこんな感じ^^面白いでしょう?
PA280306.jpg PA280307.jpg

もうとにかく樹氷が綺麗でした。
この後真剣に雪が積もったらなかなかここまでは来られないし。
紅葉と美しい雪景色をいっぺんに見られてホントにラッキーでしたよ^^
PA280278.jpg PA280279.jpg
PA280281.jpg PA280286.jpg
PA280293.jpg PA280313.jpg
PA280311.jpg PA280315.jpg
PA280314.jpg PA280316.jpg

東川町の美味しいお豆腐屋さん♪お土産に^^
砂川SAのソフトクリーム、全国SAで2位ですって美味しかったですよ♪
PA280318.jpg PA280321_201311032148478fd.jpg


ああ、楽しかった♪また行きたいヽ(^o^)丿


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

泡ぶろに入った泡はいつ流す?

DSC_1401_201309261108145cc.jpg 命の水♡


イギリスでは食器洗剤を水で洗い流さない、という話は聞いていたのですが、
先日もテレビでアワアワの皿をそのまま拭いていて
やっぱり、うげげ(´∩`。)って思ったのです。

というのは、
最近はスーパーで買った食器洗剤を薄めて使っているのですが、
珍しくはめていた指輪の中で、泡が消えてなくて
ぬるっとしてるなぁということに幾度か気付き
気付いてない時もあるわ。きっと。なんて思っていたのです。

それでも
プツプツとかゆい水泡ができるまで
指輪を外そうとしなかったのですよね^_^;

え?と思った時には
掌蹠膿疱症のように水泡が広がって

慌ててアロエゼリーを塗ってケア
その内綺麗に治ることでしょう。

けど
いやだな、って頭をかすめたのは
洗剤は元々界面活性性を高くしているものだから
毛穴から入り込んだら・・・って部分で、
そう思っていたからこうなったとも言えますけど(笑)

そんな洗剤を洗い流さずそのまま。。。
シチューなどよそったら?
パンでソースを取ったら?
味だって(о`・ω-)(-ω・`о)ネー

と思っていたのですが、
考えたら、
あちらから見たら、こちらにも似たようなところがあるかもしれないし、

なにをうげげ(゚◇゚;)、とおもうか?は
育った場所の事情と環境次第でしょう。

バリでは床がタイルのせいもありますが、
歩けるくらいになったらけっこうすっぽんぽんか、
もしくは簡単な布まいてパンツ一枚なんです。
タイルが汚れたら、その辺のものでさっと拭いて終わり^_^;
漏れないオムツなんて、暑い国では悲惨なわけです。
とても高いですしね。

そうそう、うちのアロエだって
安息香酸がどうとかこうとか話がありましたけど。
*日本のは別工場なので入っていません

世界中の家庭に年中通電している冷蔵庫があるわけではないって
あの時初めて気が付いたのでした。
そんな国では食べ物が痛む方が身体に危ないのです。

いや、ホントに、
そうなると
洗剤を流そうがどうしようが余計なお世話ですよね^_^;

それでも気になっているのは
一体どんな洗剤を使っているのか?

きっと、少しは気を使ったものを?と思ったんですが

調べて見たら、一般的なもので
手が荒れやすい・・・って。^_^;

(゜ロ゜)キャー!!

はっ?!
余計なお世話余計なお世話^_^;

*ちなみにイギリスだけではなく
 アメリカオーストラリアフランスなどでも
 あまり神経質にゆすがないのだそうです。
 水が高い国もあるし、単なる習慣であることも多いみたいです。

 考えたら「バブルバス(泡ぶろ」あれはどのタイミングで流すのだ?
 と心配していましたが、せっかくの泡は身体に纏わせたものなので
 そのままだそうです。
 
 映画の中で泡だらけでローブをまとうシーン。
 あれは急いでいたわけじゃなかったのね^_^;


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

大きな谷

先日NHK eテレで「加島祥造さん」の特集をやってました。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/1019.html
*10月26日(土)再放送があります♪

加島さんを知ったのは、私がタオにハマっていた40歳ごろだったでしょうか。
だからこそ、著作『タオ 老子』はとてもみずみずしく新鮮に思え、
とても好きになりました。

それから何年かして、彼がバリ島へよく行くという話を聞いて

私が2008年のオットとのバリ旅で
泊まった宿が彼の常宿だと知り興奮しました(笑)。

どうしてそれを知ったのか、今ではうろ覚えなのですが
神様の山アグンを正面に見る
崖みたいな坂の上の古めかしい宿です。

彼がいつも取る部屋は、1棟を壁で分けたすぐ隣。
がらんどうのその部屋へはいつでも入ることが可能でした。


その部屋からの景色がこれです。

10979184_2665364319.jpg

部屋の本棚には『大きな谷の歌』と言う彼の本があって、
それはすでにあちこちがボロボロになっていましたが
彼のサインが入っているものでした。

そこには

Be what you are
Do what you love
Have what you need

ありのままの自分でいて
したいことだけをし
必要なものだけを持つ


*この部分を調べていてこの文章を画家の佐藤玲子さんのブログからお借りしてきました。
 
とあって、

私はそんなことをぼ~っと考え
2日間をなにもしないで過ごしました。

正直に言えば
何もしないで済むくらいに、
正面のアグンと
谷間に広がるライステラスが美しかったからです。


さて、
人生の中で私は幾度も考えたのですが、

「ありのままの自分」とは何者か?

「欲しいのか?欲しくないのか?」
「求めるのか?求めないのか?」

と問えば、そもそも

ありのままの自分でいて
したいことだけをし
必要なものだけを持つ

にしても、社会的活動が必要だと。(笑)

そして、それは図らずも

経済社会に生まれてきた以上
それに付いて考えなくてはならない。
という宿題を生まれつき持っていたはず。

なんてね。

そんなことを思いながら。
毎日を幸せに生きることを考えて
今まで生きてきたのでした^^。

登る階段があるのに
登らないも登るも自由なのに

登らない人を
登る人を

あれこれ考える必要もないのでしょう。

私は40までは登らないことを
40からは登ったところの景色を
素朴に「見たい」と思ってきました。

したいことをする。
それだけのことなんだと。

そう思っています(*^-^)

私はこの大きな谷を見ながら
ここは、そういうことを知るためにあるのか?

そう思っていました。







日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

戸隠の龍

48561904_37.jpg
戸隠神社 「随神門」の向こうを歩く私たち。


8年前の今日友人たちと長野へ旅をしていました。
友人の目的は日本の真ん中「諏訪湖」の浄化でした。
私や夫を含め、他のものたちはお供のようなものです。

諏訪湖に到着したとたん「ああ」と声が上がりました。

その光景はまさしく今ここの日本。
そう感じたのでした。
それで、諏訪湖の周りの木々、
何本かの根元にアロエを注ぎました。

女神山、皆神山、諏訪大社(4社)と友人の仕事は続き
微力ながら私たちも「場」のために必要だったのでしょう。

天にも地にも
色んなことが起きました(笑)。

49649795_119s.jpg 49649795_66s.jpg
戸隠山と西岳を縫うように移動する「龍雲」とその雲が放った光
当時のケータイのカメラだったのでこれが精いっぱいでした。

今考えてみたら、それは
あの時期の私として当然くらいの事象で
なるほどなぁ、
あの時の私はそう見る。
と言う事だったんだと思います。

47473452_154s.jpg47464881_67s.jpg
龍をよく見ていました。

空に六芒星の形の雲を見たのもこのあたりでしたから。
実際にはそれを見た2年後にこの戸隠へ行っています。

先週オットが
「もう一度戸隠へ行きたいなぁ」と言いました。
私はも「そうだね~絶対もう一度行きたいね、
でも今は場所的に熊野が先のような気もする。

などと言っていたところ
久しぶりにmixi開いたら
一番上に知人の日記に「戸隠神社」とありました。

ふふふふ、さすがのタイミング

そう言えば私が戸隠へ行ったのはいつ?
と思ってmixiを検索してみた所。

出発したのが8年前の昨日。
どおりで思い出すはずです。

48561904_130s.jpg

この2年後に
金色の六角形のポータルから宝船が飛び出す夢を見て
金色の6角形を作ってあちこちに置きました(笑)
図形のすごさをこの時に知りました。
例えば6角形はシリウスを意味して、シリウスは幾何学が得意ってね^^
ぷれあですじゃないわね。なんて思ってた私は膝を打ちました(笑)

その2年後に
曼荼羅画に出会いました。

その2年後に曼荼羅画を描きはじめ、
金色のポータルがここへ繋がっていたことを知りました。

その2年後に曼荼羅画たちはすごく急いで日本のあちこちへ飛び立ち
その時思ったことは、関東から上、太平洋側になぜいかなかったのか?ということ。
そして、大きな災害が起きました。

その2年後が今年です。
私は曼荼羅画を「願いを叶える点描曼荼羅画」として
教えることになりました。
日本中で曼荼羅画は描かれたいそうです。


戸隠の龍は次元と時空を超えて
私と一緒に「在って」くれているのかもしれない。

と、直感です。


その8年前のmixi日記から***************

諏訪湖がそうであるように山も神社も
少しずつ何かに押さえられ封印されてきた。
「本当の力はまだ出ていない」
これは、自然界担当を自負するT氏の言葉。

それがどういうことなのか少しずつ判ってきたけれど

私にまだ「判った」と言う程度なのだと思う。

私が感じていたのは
山も空も宇宙も私自身も
ただただ生きている・・というとてつもない大きな事実。

肩すかしを喰らうような単純な感覚。
だからこそ宇宙にとても近い感覚。

この世の現象など、たき火にくべる藁ほどもない・・・。
でも、その藁を生きる真理。


*****************


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

毎日・少し・大切 2

今朝も美味しい♪ヽ(^o^)丿→P5080006.jpg
今日も益々元気です♪
さぁ、ガッツリ家中のお掃除行かせてもらいますよ~ヽ(^o^)丿
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html




これまでも「言霊」の話をこのブログでたくさんしてきています。
とはいっても「信奉者」と言うほどではないので、
いい塩梅にそれを活かしていると思っていただけたら嬉しいです^^

私はブログと言うものが無い時代から
精神世界系のHPをやっておりました。
今からう~ん^_^;15,6年前でしょうか?

当時の読者の方たちとのやりとりは
BBSという掲示板がメインでした。

色んな怪しいお話をひっきりなしにしていました。
とても楽しかったですし、とても考えさせられることが多かった。
今でもそんな風に記憶しています。

当時からも「言霊」という考え方があって、
「忙しい」と言う漢字は「心をなくす」と言う意味があるとのこと。

私はそっか~!と思って
「忙しい」と言う言葉を封印し「大繁盛」と置き換えました。
そうするといろんな変化が出てきました。

それ以前は「ええなんで?」と言うような出来事が起こり
私はいつも起きないでほしいようなことで忙しかったのですが

言葉を変えた以降、ふと気が付けば私はいいことばかりで「大繁盛」していたのです。
どのくらいのスパンでそうなったか?と言えば、
1~2年かけて移行していったように思います。

ところが今度は「大繁盛しすぎて」私は身体が回らなくなってしまいました。
それで悩んで(爆) 一度「大繁盛」を「封印」したのです。

つまり「忙しい」も「大繁盛」もどちらも使わないようにした。のでした。
すると、だんだんと生活は落ち着いてきました。

数年たち、
あれ、私、落ち着きすぎてるんじゃ?^_^; と思った頃に
また「大繁盛」を復活させました。

そして今に至るわけです(笑)

そんなの偶然、とか。
出来事をそのようにとらえているだけ。とか

そう言われたとしたら、こう答えます。

「そう!そのとおりです!!」ってね^^。


だって、「偶然」や「捉え方」ここに大きな秘密があると思ってるから。


同じ出来事でも「捉え方」ってみなさんが違いますよね?

「捉え方ひとつ」で物事は見える面が違ってきます。
見える面が違うと、受け取る印象が違います。

例えば一見「良くないこと」が起きたように思えても
「きっとこれは良い事の兆し」という印象のラベルを貼ると
それは「佳い事バンク」へ収納されます。

「佳い事バンク」が重くなるとシーソーのように「佳い事」へ現実が傾きます。

この「捉え方」は瞬間のことですのでひょっとしたら
本当は嫌な気分なのかもしれません。

だからこそその「捉え方」を「言霊」と言う装置を使って変換するのです。

自分にとってそうなったらいいなと思う方向
ラッキーだなって思える方向へ舵を切るのです。

「なぜこんなことが起きるの??」と思うときもそうですが
皆さんにはそのようなことが少ないと思いますので
常日頃から、柔らかくて丸くて快い方の言葉(言霊)を使うようにしてみてください。

そうすると色んなことが発動して
快い方向へ
思い通りの方向へ動き出します^^

そしてもう一つ、
謙遜を通り越して、自分を卑下するような言葉を選んでいませんか?

私は(勇気が要りましたが・笑)常に ブログでも日常でも「自画自賛」しています。

最初は「こんなこと書いて嫌な女と思われないかしら?」って思いましたよ^^
でも皆さんきっと許してくださる。って
皆さんを信頼することができて、初めてそれができると知りました。

そして「自画自賛」が笑いながらも身に着いた頃。
本当にそれは実現します。

シーソーがパタン♪と動くからです^^。


毎日できるすこしの事で、
あなたの人生は変わっていきます。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ




日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

毎日・少し・大切

1378006_656713331030343_997397141_n.jpg
Forever純正プロテインシェーカー4$なり、なかなか使いやすいです^^。


たまにそうしたってね~。
いや、ホントにそうですよね^^。

でも、ご飯って基本毎日食べるじゃないですか(*^-^)v
身体に大切なミネラルはほんの少しでも、
有るのと無いのでは全く違うのです。

DSC_2031.jpg DSC_2035.jpg

で、我が家では白いご飯を食べることはあまりありません。
今はこの黒米と発芽玄米を少し入れて炊いています^^。

ビタミンもミネラルもそうですが
これらは単体では働けません。

沢山の種類がお互いに役立ちあって初めて
からだを動かすことができるのです。

動物としてこれが基本。

年齢と共に少なくなり、足すことが必要と言うより
豊潤にたくさんのビタミンとミネラルを入れてあげることが
身体の本来の働きを怠けさせず、
イキイキとした体を持ち続ける唯一の方法なのです^^。

どんなコマーシャルがあなたを誘っても
基本はここなのです。

細胞にはイオンチャンネルと言うものがあって
天然のものがここを通って体の為に運用できる率は100%近く
合成のものは18%しかここを通れません。

オマケに自然の植物は素晴らしいバランスで
色々なビタミンとミネラル、酵素を持ってるんです。

身体と細胞が一番喜ぶのは、
「寄せ集めた製品」にはできない

こうした「天の采配」なのですね(*^-^)v

私にとってプロテインもアルギニンもQ10 も
アロエと言うベースがしっかりあるからこそ
「摂ってもいいもの」となっています♪

だから、たくさんある中から何を?と言われたら
やっぱりアロエが基本です。

あ、話がずれた^_^;


つまりですね^^
毎日食べるものがあればそれに少し工夫すれば
5年後10年後のあなたは
それをしなかったあなたとは確実に違う。
と言う事なのです。


そしてこれは「ことば」にも言えます。
毎日ちょっとした時に口から出す言葉、

これが一番ねちっこく
あなたの周囲に滞在するとしたら。。

あなたができることはその言葉を変える工夫です。

次回はそれを書いてみようと思います^^。

そう、私が体験している「言霊」のお話です(*^-^)


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

神の数式

DSC_1401_201309261108145cc.jpg 神様が植えた植物


私は算数や数学は全く駄目で、
義務教育+高校の12年間一度も
5段階評価で3以上は貰ったことがありません^_^;

人生の中で解いたことのある一番長い公式は
確か臨床心理学でテストに出ると言われたもの。

分数の上にルートや二乗とか( )まで入った公式でした。

それを見たとたんに生唾を飲んだのは言うまでもありません。

思わずつぶやいたのは。
「40過ぎてるんだってば!!」って言葉でした(爆)

息子や娘のように若い同級生たちに助けてもらい
公式さえ忘れなければ解けるところまで行きました。

テストの日は、テスト用紙をめくったとたんにまず
覚えた公式を用紙に書き連ねました。

よし。←すでにそれで終わった感じ(爆)

そんなわけですから、数式が美しいなんて
考えたこともない人生を送ってきたわけです^_^

だから、いつ、だれから、
数式の美しさについて聞かされたのか
考えてみたのですが

「リーマン予想」の辺りで「素数」を知ったころだとすると
2009年で曼荼羅画を描き始めた頃になります。

いや、もっと前だった気がするけどもうわかりません。

とにかく曼荼羅画を描き始めた頃には
この宇宙にある「数の理(ことわり)」に
ウットリするようになっていました。


昨日、録画しておいたこれをみて
NHKスペシャル「神の数式」
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0921/

宇宙を解明しようとする、量子物理学の世界の話しで
とてつもなくワクワク楽しみにしていたのですが

この中で理論物理学者ディラックについて
いろいろと話が進んでいました。

ディラックは特に「数式」に美しさを探求して
ノーベル賞をもらうほど有名な数式を発見したんだけれど

そこで彼の言う「美しさ」というのが

「全ての対称性を持つ完ぺきな美しさ
見る立場が変わると変わるのでは美しくない。」

と言うもので、

あああ~~わかるわかる←何でもすぐに曼荼羅画に結び付ける「とんでも系」

ホントにわかりやすく面白い番組でした。
そして、そのわかりやすさは
先日読んだ本と同じ感じで、どちらもぜひお勧め♪です^^
     ↓

宇宙はこう考えられている: ビッグバンからヒッグス粒子まで (ちくまプリマー新書)


それにしても
数式や理論物理学なんて、図や動画でわかりやすく教えてくれるから
なんとなく、ああそうなんだ。と思うだけの私なのに

それでも宇宙に満ちている「数の理(ことわり)」は
私を魅了してやみません。

美しいんですよね。ホントに。

押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



なぜこんな事を書いてるのか?
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

「体幹」と「自律神経」

今朝も美味しい♪ヽ(^o^)丿→P5080006.jpg
「健やか」ってこういうこと♪を体感します。
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html




昨日、こんなお買い物をしたことをFBに投稿しました。

blance.jpg
バランスクッション@amazon


実はPC椅子のクッションがもうボロボロで、
新しいものに変えたいと思っていたのです。
なのでこれを見つけた時に

!!これいいかも!

と、飛びつきました^_^;

早速帰って椅子に乗せたところ

抜群にいい!!

と、速攻FBアップしました。


というのも、日々PC前で長時間過ごす私の目下の悩みは

右足を上に足を組む癖があって、
身体がゆがんできている。

なのに、気を付けても気を付けても
ふと気付けば、脚を組んでしまってる。と言うものだったのです。

このバランスシートは
まっすぐ腰を下ろさないと座れません。
脚を組むと座っていられないのです。
だから姿勢良く座っているのが一番楽なのですね。

オマケに、腰が動きやすいので
疲れたら軽くウエスト・腰運動も
超簡単にできるのです。

運動不足の私に「腸」を動かす運動をプラスしてくれてるわけです。

は!!と思って、ソファーに置いて
腰を乗せて仰向けに寝ると
腰をひねる運動が楽勝で出来る!

すごいいいモノ見つけちゃった!
と、もうもう、大騒ぎの私でした。

商品が入っていた箱には色んなポーズが載っていますが
しょっぱなから目的が違うものですから☆ヽ(▽⌒) 
それらを見もしませんでした^_^;

すると体育教師の友人と体育会系ママから
「体幹」と言う言葉が出てきました。

「ああ、なんか箱にそんなことが書かれていたわ」と思いましたが。
いやいや、おばさんにはまず「腰用」なんて返して

今朝、ふと、改めて思い出したことがありました。

それは在る真冬の札幌
地元の人間もソロソロと歩いてる中
東海地方から遊びに来た体育教師友人とその友人(こちらも体育教師)は
凍った路面の横断歩道をカロヤカに走って渡ったのです。

さすが若いころから鬼のように体育会系で過ごしてきた女は違うわ。

なんて思わせてもらったのですが、
そうか!あれって「体幹」がしっかりしてるからなのか!
と、ひざを打ったのでした。

それで、調べて見たら

体幹(筋)は胴体の曲げ伸ばしのほか、
姿勢を保ち、体全体のバランスをとる役割を担っています。
歩いたり走ったり、飛んだり跳ねたりする動的な状態でも体のバランスがとれるのは、
体幹の筋肉が作用して姿勢を安定させているからなのです。


ですって。

これって多分自律神経にも良いのでは?
と思って調べたら

日々の生活やストレス、運動等で、体の「ゆがみ」、心身の緊張が生じます。
無理な姿勢は肩のこりや背中のこわばり、腰の痛み、便秘等の原因となり、
自律神経が乱れ、免疫力も低下します。
体幹チューニングは2つの簡単な体操を、日々自分で続けることで、
体の緊張を解き、筋肉をやわらかくし、
心身を良い状態に保つことができるようになります。


ですってよ(*^-^)b

あれ?でも座ってるだけじゃだめなのかな?
いや、これはかなり「いい」と思います。

座り仕事が多く便秘気味の方にもお勧めします
(左右に腰と上体を揺らすだけで腸が動くから)

座り仕事の多いあなた!!
私はあなたの自律神経のためにこれをお勧めします~ヽ(^o^)丿!!

押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ




日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

生きてる限り垢は出る

今朝も美味しい♪ヽ(^o^)丿→P5080006.jpg
細胞がリラックスするには必要なものがあります。
アロエベラはそれらすべてを天然で創り上げています。
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html




私の知っている人で
自分の中の感情を紙に書きだして、
それをちぎったり燃やしたりしつづけている人がいました。
毎日です。

一度見せてもらった時には、
とても日々美しいことを言っているとは思えないような
荒々しい言葉が書いてありました。

出来るだけ生の感情のままって、、
ええ?って思って
・・・引きました^_^;

そうやって浄化するのだと聞いたときは
う~んそう言う方法もアリなのかしら?
なんて思ったものです。

もう8年くらい前のことです。

まよさんもやって!
どんどんクリアリングされていくから。って言われましたけど

私はどちらかと言えば
色んなものをくっつけたままでも、
色んなものを背負った重みのままでも
前に進んで行けば、それらは自然と私の身から剥がれていく。
ぶっちぎって前に進めば要らん物は自然法則で剥がれていく。

そう考えていましたから
実際にはやりませんでした。

そして、クリアリングだと言わなくても
要らない装備は外れ、
新しい装備はどんどん進化したものになって行きました。


つい最近、聞いてしまったのですが
その方のブログでゴミ箱いっぱいの紙が写ってた。。と

え?まだやってたんだ^_^; 

いやぁ~なんというか。。。。
途方にくれました。


その時に思ったんですけど。

垢と同じじゃないの!
一生垢こすってるってわけ^_^;?

人間は生きている限り、代謝し、垢として死んだ細胞を外に出しますが
生きている限りそれはずっと行われます。

それはそれで大切なことですが。。。

「感情はただの振り子」
「振り子に巻き込まれない位置KEEP!」

の私には、( ̄▽ ̄;)げげっ
そしてスタタタタタッ((((((((((; ̄ー ̄)ノノ

な一件でした^_^;。


それにしても♪
素敵な飲み物で素敵な代謝をして、
代謝上々で自然に生まれるパワーを感じて生きるのって
最高だなって(・ε-。)⌒☆

あらためて♡


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。